NEW ARRIVAL

スポーツバイク初心者が知っておくべきこと【チューブバルブ編】

こんにちわ!
スタッフ能村です!

みなさんは英・仏・米と聞くと何を思い浮かべますか?三国同盟ではありません(笑)

これらは自転車チューブの種類なんです。
スポーツバイクを始めたばかりの方やこれから始める方には聞いたことのない単語かと思います。

というわけで今回は自転車チューブバルブの種類を簡単に説明して行こうと思います!!

英式バルブとは?


ダンロップ社が開発したバルブです。イギリス式と言っていますが、現在イギリスでは使われていないそうです。
日本では主に一般車(ママチャリ)に使用されているバルブ形式です。他にはホームセンターなどで売られているスポーツ車などにも使われていたりします。
汎用性が高いチューブで、ホームセンターや自転車店はもちろん。大型ショッピングセンターでも売られており、入手が非常に容易なのも特徴の一つです。
しかし高い空気圧を入れたり、空気圧を測ることや微調整ができないためスポーツバイクなどの“走りを重視する自転車”には使用されていません。

仏式バルブとは?


フレンチバルブまたはプレスタバルブ(Presta Valve)と呼ばれるバルブ形式です。
走りを重視するロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクなどに使われています。こちらは高い空気圧に対応しており、微調整も可能なため、スポーツバイクに多く使われているバルブです。

米式バルブとは?


別名シュレッダーバルブとも言います。このアメリカン(米式)バルブは空気圧の調整が簡単に行えるため、その汎用性の高さや安全性の面から車などにも使用されています。
自転車では、マウンテンバイクやクロスバイク、BMXなどオフロードを走るものに多く使用されています。
こちらのバルブも高い空気圧に対応しており、微調整も可能です。
余談ですが、自動車でも使われている形状なので、もし走行中に空気が減ってもガソリンスタンドで空気を入れられるという他の2つにはない便利な一面もあります。(基本的には携帯ポンプを持参しておく必要はありますよ!)

車種用途にあったバルブが使われている!

ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクなどの走りを重視する車種には仏式バルブや米式バルブを、一般車(ママチャリ)には英式バルブをと言う具合に車種や用途によってバルブが選ばれています。
また、バルブ形状によってポンプ(空気入れ)も変わってきますので、先述した各バルブの画像と照らし合わせてポンプを購入するようにしましょう!
もし「よくわからない…」という方がいれば気軽に近くのショップに尋ねてみてくださいね。

関連記事一覧

PAGE TOP
Top