NEW ARRIVAL

自分でポジションを合わせるにはどうしたらいい?

みなさんは、いま乗っているバイクが「自分にあったポジションに設定されている」と自信をもって言えますか?

「自分で調整してみたけどイマイチ…」
「納車してから一度も変更していません」
「ポジション?それって何?調整しないといけないの?」

その気持ちわかります!
ですが、自分にあったポジションを出すことによって、ライド時の快適性やパフォーマンスの向上、ケガの予防などいろいろな効果が得られます。
ポジションを合わせることは、競技志向の方だけでなく日々のサイクリングを快適で楽しいものにすることにも役立つのです。

ポジションを自分で合わせる

では、どのようにポジションを合わせたらいいのか。
先日スペシャライズドのFacebookで興味深い投稿がありました。

1:サドルの高さを合わせる
2:サドルの前後位置を合わせる
3:ハンドルの高さ(遠さ)を合わせる

このスリーステップで簡単なセルフセットアップが出来ます。
動画は英語で説明していますが、英語がわからなくても映像をマネしていけばセットアップ出来るかと思います。

たったこれだけのことですがセットアップをする前と後では快適さに雲泥の差が出るのではないでしょうか!?
もちろん、納車時に合わせたセットアップが理想に近い場合もありますので「それほど変わらなかった」という方もいるかと思います。
それでも「自分に合っていた」と自信をもてるのは大きな前進です。

より正確にセッティングしたいならRetül

スペシャライズドの投稿で紹介されているのはあくまで「簡単に自分でセッティングする方法」です。
より正確で理想のポジションを合わせたい方や、自分で合わせるのには不安がある方にはRetül Fitを受けることをオススメします。

Retülはユーザーの骨格や柔軟性といった「身体的な特徴」を計測し、その特徴に合わせたライディングポジションを提案する独自のフィッティングサービスです。
ポジションを提案するフィッターは、Retülのメソッド(方法論)を研修でしっかりと学んだものだけが行いますので安心してお任せください!

Retülについてより詳しいことはこちらをご覧ください。

フィットに興味が出てきましたか?
少しでも気になったり質問がありましたらお気軽にお問い合わせください!
フィッターが相談に乗りますよ(^^

関連記事一覧

商品カテゴリー

トンデモクラブ
PAGE TOP