NEW ARRIVAL

結局S-WORKS 7RDって良いの?

こんにちは

今日も元気なスタッフ能村です!!

さて、今回は当店売りのビンディングシューズ「S-WORKS 7RD」のインプレ&解説になります。

タイトルにもある通りうちの主力アイテムであるS-WORKS 7RD 結局これは良いシューズなの?どんな感じなの?買いたいけど高いしなあ・・・

と思っている方はたくさんいると思うんですよね。

そんな方々へ少しでも使用感などをお伝えできればと思いインプレッションします。

今回僕が導入したのはS-WORKS 7RD REDHOOKモデル

いわゆるLimited Modelというやつです。

まずこの7RD このシューズは単体で完結するシューズではありません。(ここが重要)

というのもスペシャライズドの足回り製品にはFOOTBEDという製品があります。これは足の裏をサポートする製品になっています。土踏まずのアーチがきつい方や偏平足の方、左右でアーチが違う方。様々な脚の形がある中、他社製品はソールを使ったサポートがあまり無いのが現状です。
しかしスペシャライズド含むシマノなどはカスタムフィットなどを提唱し、よりユーザーに合ったシューズになるように製品を開発しています。
従来の製品開発はプロロード選手からのフィードバックによるものでした。(プロが良いというなら一般の方にも良いと言ってもらえるだろうという考え方)
しかしそれがすべての人に当てはまるわけではありません。足形が人によって違うのは当たり前のことです。
そこでスペシャライズドはRETULというフィットシステムを用いて世界中のユーザーから足の形などのデーターを収集し製品開発に生かしたのです。
それによりより高いフィッティングを実現したわけです。

そしてS-WORKS 7RDというシューズはあくまでそのベースでしかありません。FOOT BEDと言われる製品と組み合わせることによって初めてシューズの本来のスペックを発揮できるのです。

つまり7RD単体ではすべての良さを発揮しきれないのです。

ではそのFOOTBEDをどう選べばいいのか?という話になります。

そもそもシューズのサイズを選ぶ行為が今までの技術ではEUサイズをJPに変換し「このサイズだろう」という曖昧なものでした。
しかし現在はデジタルデバイスを用いてより詳細に、より正確にシューズを選ぶことができるようになったのです。

以前にも紹介したRETUL MATCH TOWER (当店にも設置してあります。)このデバイスを使い最適なシューズをお選び頂けるようになっているのです。

そこでのデータをもとにサイズ・FOOTBEDの種類を導き出します。

そしてそのFOOTBEDには2種類あり

ひとつはSL FOOTBED

二つ目は CUSTOM FOOTBED

SL FOOTBEDはスペシャライズドが研究により導き出したデータによって開発された前三種類のアーチサポート型インナーソールです。

アーチがキツイ方から、緩い方までをカバーした製品です。

RETUL MATCHによって出されたデータをもとにユーザー様にあったFOOTBEDをご提供します。

そして二つ目のCUSTOM FOOTBED

こちらの製品は足形を図り完全にユーザー様専用のソールにしてしまうものです。こちらの製品は7RDと同時期に発売されたため、現在最もフィット感が良く満足度が高い製品となっています。

僕はこちらのCustom Footbedを使用していますが、はっきり言って今までなぜこの組み合わせを使わなかったんだろうと自分に疑問を抱くくらい良い製品です。

さて、ここまで7RDの話ばかりをしてきましたが、TORCH2.0やTORCH3.0などでもSL FOOTBEDやCUSTOM FOOTBEDの相性は良いので7RDまでは必要ないな・・・・という方でもアーチサポートの恩恵を受けることは十分に可能です。

レース・ロングライドなど様々な用途があります。当店ではお客様にあったシューズ・ソールをご提案させていただきますのでぜひ一度ご来店ください。

関連記事一覧

PAGE TOP
Top