NEW ARRIVAL

おすすめボトルケージ3選!見た目&利便性&軽さ

こんにちは!
スタッフ能村です。

以前ボトルの記事を書いたのですが、今回はボトルと切っても切れない関係ボトルケージのご紹介です!

ボトルケージ欲しいけど、どんなのがあるかわからない。かっこいいボトルケージが欲しい!!ボトルがとりやすいボトルケージが欲しい!

そんな方に向けたおすすめボトルケージを紹介します!

かっこいいボトルケージといえばこれ!

SUPACAZ『FLY CAGE』

Black&GunMetal ¥2,376(税込)、Oil ¥4,104(税込)

SUPACAZ(スパカズ)はSPECIALIZEDの創業者、マイク・シンヤードの息子であるアンソニー・シンヤードが2012年に設立。高品質なパーツや斬新なデザインで他社とは違った製品を次々に出しています。
そんなSUPACAZのボトルケージ 『FLY CAGE』は、独特なチタン焼き色カラーやメタリックで高級感のあるアクアカラー、ガンメタル・ブラックカラーなどさまざまな個性的なカラーが特徴!愛車をよりかっこよくしてくれます!

リミテッドモデル各色 ¥4,104(税込)

また、FLY CAGEには、通常カラーとは違い数量限定カラーモデルが存在します。

限定モデルですので、「他の人と少し変わったボトルケージが欲しいな」という人におすすめのモデルです。

便利なボトルケージといえばこれ!

SPECIALIZED『ZEE CAGE II』

今度は父親、マイク・シンヤードが創設したSPECIALIZEDのボトルケージです。
カラフルで多色展開しているこのボトルケージは愛車の車体カラーに合わせやすいのではないでしょうか?
そしてこのボトルケージの最大の特徴はその利便性!

各色 ¥1,944(税込)

何が便利かと言うと・・・・・

ボトルを取り出しやすいように利き手に合わせた2つのバージョンがあることです!!

ZEE CAGEは、左右どちらかに大きく隙間が空いています。よくあるボトルケージは縦方向に引き抜く感じですが、ZEE CAGEの場合は横にスライドするように取り出すので、少ない力で取り出しやすくなっています。
さらに、フレームサイズが小さいバイクやマウンテンバイクで時々起こる「取り出すときに上(トップチューブ)にぶつかってしまう」という問題の解消にもなります!

また、このボトルケージの機能に『EMT Cage Mount Road Tool』というものがあります。なんとボトルケージに携帯工具を取り付けるというものです。

ボトルケージ下部になにやらごついものがついています・・・

そう!これが携帯工具なんです!
ここに取り付けることによってサドルバックのスペースを他に活用できるようになったり、「ロングライドで携帯工具を忘れた!」という場面を回避出来ます。非常にスマートですので携帯工具とのコンビはおすすめです。

※携帯工具と収納ボックスは別売りです。

SPECIALIZED『S-WORKS ZEE CAGE II』

ここまで利便性を全面に推した『ZEECAGE II』。非常に良いボトルケージですが、実はちょっと重いです…
SUPACAZの『FLYCAGE』が実測24gに対し、『ZEE CAGE II』は実測42gとその差18g…重量を気にする方には向いていないかもしれません。

¥7,020(税込)

「重さを気にするけど『ZEE CAGE II』の利便性は捨て難い…」そんなあなたに耳より情報。
忘れちゃいけない!SPECIALIZEDには『S-WORKS』ブランドがあります!!

そうです!!『ZEE CAGE II』にはS-WORKSバージョンがあるのです。
実測26gと超軽量!通常バージョンとの差は16g!
もちろん“EMT工具”を取り付けることも可能です。
軽量志向の方はぜひこちらを使ってみてはいかがでしょうか?


SPECIALIZED製品は公式オンラインショップでも購入できます!

関連記事一覧

PAGE TOP
Top